閭碁ェィ縺ョ遏ッ豁」

浜松市東区、背骨の矯正

飛行機が墜落する瞬間【墜落】空港 飛行機,ヘリコプター離着陸風景映像 #4

【ゆっくり解説】恐竜の陰で起きた大変革~哺乳類への進化~

【薪にしてはいけない木】身近にあります!!

LIVE COVER『ラヴ・スコール』サンドラ・ホーン【ルパン三世 (TV第2シリーズ)】バンドカバー

【坊っちゃん①】夏目漱石の国民的名作〜中田史上No.1文学〜

日本海軍の水雷戦隊―重武装で対潜・対空能力不足!?「護衛」ではない「攻撃力」【ゆっくり解説】

背骨の歪みの矯正と整体

背骨矯正

背骨の曲がりを矯正したいと思ったことはありませんか?最近「背骨」が曲がっていると家族に言われた。

肩こり、腰痛で辛い思いをしているのは、背骨のズレが根本要因なのかもしれない。

見た目の印象を改善したい。

多くの人が様々な「背骨」の曲がりのことで苦労しています。

「背骨」の歪みで悩んでいるにも関わらず「背骨」の歪みを治療したいという方達は少数です。

ネットを見て自分自身で「背骨」のズレを治そうとやってみたけど改善されなかった。

ヨガや真向法などに通ったけど背骨の歪みが改善しない。

ジムででトレーニングしながら脊椎の歪みの「背骨」を試してみても治せない。

「整体」に通院してもよくならないなど、「背骨」の曲がりを治療しようとしても修正できる方達が少ないのが事実です。

「背骨」の湾曲を本気で修正しようと思い立ったら正しい治療法で背骨の曲がりを施術することが必要。

効果的な「背骨」の歪みの矯正法を知っていることが「背骨」のズレを修正する一歩になるのです。

悪い脊椎の湾曲とは?

「背骨」は首の部分が前にカーブ、肋骨が付いている部分の背骨が後方に湾曲、腰椎が前に湾曲になるのが理想的で、「背骨」が後ろに丸く突出する猫背や胸を張り背骨を真っ直ぐにした「背骨」の姿勢は、理想的な背骨の湾曲にはならない「背骨」の湾曲です。

背中が丸くなる猫背みたいな「背骨」の歪みは一目見ていけない「背骨」の歪みだと分かる。

だがしかし、身体を反らして背骨が真っ直ぐになった背骨の状態は、一見良い背骨の湾曲のように見えますが、生理学的には理想の背骨のカーブとは言えません。

理想の背骨の湾曲から外れた脊椎の状態は、人体や筋肉に負荷がかかるだけでなく、背骨より出てくる神経系にも悪影響を及ぼします。

人体は、脳と脊髄で操られているので神経機能に影響が現れると関節や筋肉など運動機能だけではなく、内臓の機能にもとても影響を与えさまざまな病を起こします。

良くない「脊椎」の曲がりは、外見の印象だけでなく内臓の疾患など重大な病気の要因にもなる為、自分自身が悪い脊椎の湾曲だとわかったら、早急に「脊椎」のズレを治療をする必要があります。

正しい背骨の湾曲と背骨の歪み

背骨のカーブに関して詳し人達は沢山いません。

良い「脊椎」の状態とは、前後の生理的湾曲があり、横方向に曲がってない脊椎です。

「脊椎」が良い状態であればバランスがとれて運動の能力も向上します。

靱帯、神経、筋肉、に負担が少なく、内臓諸器官の機能も正常に機能しやすいので健康に対してとても効果的です。

ですので、背骨のカーブしている方は背骨の歪みの施術が必要です。

「脊椎」の歪みは、健康だけでなく、外見の印象にも影響を与えます。

理想的な姿勢の状態は綺麗で見た目の魅力をかもしだします。

美しい姿勢は、美しく誠実で、信頼感があり自信があるように見える。

「背骨」の歪みのいい悪いは、人間関係にも影響があります。

これだけいろいろなことに影響を与える「脊椎」の湾曲は、悪いより、いい方がいいに決まっています。

「背骨」の曲がりを施術して、理想の脊椎を手にしよう。

背骨の歪みを調整しよう!

脊椎の歪みを調整すると外見の印象も良くなり健康的になり良い事ばかりです。

「脊椎」の歪みを治療しない理由はないでしょう。

「背骨」のズレを治療する手段には、どんな方法があるのでしょうか?いくつか代表的な矯正法を上げてみよう。

ストレッチ

身体の柔軟性を高めることによって脊椎の曲がりを脊椎施術する手段は一番多く使われる方法で、真向法、ヨガ、ストレッチ、などのいろいろな方法があるようです。

だがしかし、ストレッチなどで柔軟性が増したからといって理想的な背骨の状態のクセが付くわけではないのです。

柔軟体操の効果は、身体の柔軟性を高めることによって正しい背骨の姿勢の状態をしやすくすることです。

背骨が曲がった姿勢の状態で体が硬くなってしまった場合、背骨を理想的な姿勢にすることじたいができないことがある。

そのような時は、まず初めに理想的な「背骨」の姿勢になることができるようになることが、いい背骨の状態になる初めの一歩です。

だから、身体が固まって正常な背骨の姿勢の状態になれない人にとって、理想的な背骨の位置に治療するための大切な第一歩になる。

しかし、肉体が柔らかいとき、ストレッチ自体は背骨のズレの治療には有効では無い。

正しい「背骨」の状態なれるだけの肉体の柔らかさがあればストレッチなどの肉体の柔らかさを高めるような訓練はする必要はない。

筋力トレーニング

ジムでは筋力の低下により筋力増強がカーブするをいい筋力トレーニングによって背骨の曲がりを調整することをおススメます。

筋肉があると正しい「背骨」の位置を維持しやすくなります。

しかし、単純に筋力があれば理想の「背骨」の状態になるとはかぎらない。

筋力トレーニングによって背骨のカーブが悪くなる時もあります。

良い背骨の姿勢の状態を維持しようとすると肉体に負荷がかかり筋肉痛が出たりするため、筋力が強くなれば背骨を理想の状態にキープするのも楽になり「脊椎」の歪みが良くなるというのがトレーニングで背骨の湾曲を施術しようとする方達の理屈です。

たしかに、理想的な方法で正しい筋肉の増強の仕方をすれば脊椎のズレの修正とっても有効です。

しかし、筋トレをする人でも効果的なやり方で行わないと背骨の曲がりが改善するどころかひどくなることもあります。

どのような場合でしょうか?それは、筋力トレーニングを行っても背骨のカーブを強化するような筋トレでは、背骨の曲がりが治るどころか悪化してしまいます。

有効な背骨のカーブの矯正の筋トレをするようにしましょう。

背骨の矯正と整体

背骨を治療する「整体」などの治療法もある。

「整体」「脊椎」のズレの修正は、脊椎や骨盤を矯正して理想的な脊椎の位置にする修正法です。

背骨を直に調整するのでとても有効なやり方ですが、本来整体の矯正だけでは良い「背骨」の位置にするのは困難でしょう。

整体の矯正で「背骨」を正しいところまで治しても、理想的な背骨の場所のクセが付く訳ではないのです。

元々いい「背骨」の位置の方が何らかのきっかけでで「背骨」の位置がズレた場合は、脊椎に悪い癖が付く前であれば「整体」の「脊椎」の曲がりの修正はとても効果的で一回の治療で正しい脊椎の状態に戻すこともある。

有効な背骨の歪みの矯正

「背骨」の歪みの治療を最も有効なほうほうでおこないたいのであれば筋力トレーニング、ストレッチ、整体の治療を一緒に合わせておこなうのが効果的です。

前述のように、肉体が柔らかければストレッチは行う必要がないし筋肉が強いのであったら筋トレは必要ありません。

整体の「背骨」の曲がりの治療はできることならやってみる方がいいでしょう。

まずは自分の背骨のズレがどんなふうな「脊椎」の歪みをしているのか分かっている必要があります。

どんな脊椎の曲がりなのかを知っていなければ、どのように調整したらいいかわかりません。

また整体の「背骨」のズレの調整は部分的な小さな曲がりも調整することができる。

整体の「脊椎」のカーブの調整をすることで「脊椎」の歪みの調整は、早く調整することができる。

だが、これだけではとても大切な物が抜けている。

「脊椎」のカーブの調整にすごく大切なものは何だろう?

背骨の歪み矯正で最も大切なものは?

いい脊椎の姿勢の状態を手に入れようとする場合に、すごく重要なのは理想的な背骨の状態をいつでも保こと。

どれだけストレッチや筋トレや「整体」治療を頑張ってみても常日頃から良くない座り方や立ち方をしていては、良い「背骨」の姿勢の状態の癖は付きません。

最低必要とするのは、悪い姿勢でいる時間より良い背骨の位置でいる期間の方が圧倒的に長くなる必要がある。

筋力トレーニング、ストレッチ、整体の矯正を行っても普段からよくない姿勢でいたとしたら、「脊椎」の歪みの癖が強くなるだけでいい「背骨」の姿勢にはなることができません。

つまり、背骨のズレの矯正で最も大切なのは毎日良い「背骨」の姿勢を維持することで筋トレ、ストレッチ、「整体」の治療はいい脊椎の状態を保持しやすくする、または、正常な「背骨」の姿勢にしようとするための補助的な治療です。

背骨の歪みを治療して健康で綺麗な身体に

正常な背骨の姿勢の状態を手に入れて、健康で美しい肉体を手に入れる。

整体背骨のカーブの治療はすごくおススメです。

「整体」は、「背骨」の歪みを矯正するだけでなく背骨の神経圧迫を取ることができるため、脳で支配されている肉体の機能を正しい状態に戻すことができます。

このような効用は、「整体」のような背骨の矯正でしかできません。

脊椎のズレを治療する時の効果は、いい脊椎の姿勢の状態が手に入るだけでなく健康にも影響を与えるので背骨が曲がっていると悩んでいたら脊椎の曲がりの矯正をするといいですよ。

浜松市西区、背骨の矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です