逕」蠕後・鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ縺ィ鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市南区、産後の骨盤矯正、整体

ツイフェミ 大発狂!A●の題材になったことにブチギレまくり!【ゆっくり解説】

【ゆっくり解説】イギリスの爆撃機のパイロットが一人なのはなぜ!?

日本海軍の水雷戦隊―重武装で対潜・対空能力不足!?「護衛」ではない「攻撃力」【ゆっくり解説】

【ゆっくり解説】動作不能でも破壊できない!最強の戦車5選

唇よ,熱く君を語れ

【へんおじ流】コノシロの酢漬けの作り方!ちょっと甘めな酢にしっかり漬けた味が最高でした!

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を知ってますか?

出産後に行く産後の「骨盤矯正」を受けてみたいと思ったことはありますか?最近、出産された方達で見聞きしたことのない方はないんじゃないでしょうか?産後に骨盤矯正が知られるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。

それより前にも産後骨盤矯正はありましたが、今のように一般の人には知られていませんでした。

30年前くらいに雑誌やテレビに扱われるようになり少しずつ産後の骨盤矯正は世間一般にも知られるようになってきました。

産後の骨盤はズレる?

出産のとき骨盤は子供が通り抜けやすいように骨盤の関節が左右に広がります。

いつもはほとんど可動しない骨盤の仙腸関節は出産がちょっとでも苦痛がないようにホルモンによって柔軟性が増えて大きく広がります。

特に左右の恥骨の間と坐骨の間が広がります。

仙骨と腸骨の間の仙腸関節は可動しますが大きく広がったりしない。

骨盤の骨盤の関節が緩み始めるのは出産より前からで出産後もっとも広く広がります。

少し広がった「骨盤」産後元の位置に戻ります。

産後に骨盤は歪む?

ふつう、産後骨盤は元通りに戻ります。

しかし、産後元の場所に戻らず腰痛や肩こりなどを発現することがある。

どのように骨盤はズレるのでしょうか?

赤ちゃんによってに歪んでしまう

妊娠中にお腹の赤ちゃんが徐々に大きくなっていきます。

大きくなってきた赤ちゃんによって骨盤が中から押し広げられて「骨盤」が歪みます。

生活習慣で骨盤が歪む

日常生活(妊娠中に限らず)で、骨盤がズレるような癖がある。

元々骨盤が歪んでいれば、出産後にもその歪みが持続することがある。

産後骨盤は子供の出産前の元の骨盤に戻りますが、元々の骨盤の関節が歪んでいれば、ズレた状態になります。

出産後元に戻らなかった場合

出産後に骨盤は出産前の状態に戻ろうとしますが、いくつかの原因で骨盤が戻らず歪んだ状態になる場合があります。

このような場合、ひどい痛みが出ることがありあります。

痛みを発する場所は、恥骨の場合もありますが、腰部に発症する場合もあります。

出産後、しばらくして歪む場合

産後暫くは、骨盤の関節は緩んだ状態になっています。

その時期に赤ちゃんの世話などで、変な姿勢でいる時間が長かったりすると、出産後骨盤が元に戻った後でもちょっとずつ歪んでしまう。

自分で行う一般的な産後の骨盤矯正

昨今では、産婦人科などでも骨盤のズレに対して「骨盤」を不安定な状態から安定させるように締める着ける骨盤ベルトを使用するように奨める場合もあります。

またネット、雑誌、テレビなどで自分で骨盤のズレを正す骨盤矯正体操なども流布されるようになった。

産婦人科ですすめるような骨盤ベルトは、「骨盤」を締め付けるように「骨盤」の仙腸関節を押さえるだけです。

産婦人科では、どんなふうに骨盤がズレているかを調べることはない。

出産後骨盤が緩んでいることを前提に単純に圧迫してあげるだけです。

骨盤矯正体操は、柔軟などの体操や骨盤にゴムを巻いて骨盤を動かしたりして「骨盤」をズレてない状態に戻そうとするものですが、自分自身の「骨盤」の状態がどれだけ歪んでいるかを知ることのできる方法を教えてくれないので自分の骨盤の曲がった状態を理解することはできません。

柔軟や「骨盤」を動かすエクササイズをやっても自分自身の骨盤の歪みを知っていなければ、理想の骨盤に修正するには、どの方向に矯正を加えていいか分かりません。

自分自身の状況が分からないのに行う骨盤矯正の柔軟体操は、動かしている間に運よく理想的な場所になってくれるかもという「偶然を願う神頼み」と同じようなものです。

整体で行う骨盤矯正

骨格矯正の専門の治療である整体は、骨盤矯正の専門家でもあります。

「整体」では骨盤の歪みを検査して、骨盤のズレを理想の状態に正すように骨盤を治療します。

骨盤を理想的な状態に戻すには、「骨盤」のズレている状態を知っておくことが大切です。

骨盤の状態を把握しなければ、どのように力を加えれば元の状態に戻すことができるのか分かりません。

前述の一般人が行う骨盤矯正は、骨盤の状態を考えずに力を加える為、最悪骨盤の状態が悪化することもありえます。

このようなことは珍しくありません。

産後「骨盤矯正」を考えているのであれば、整体で調整することがもっともお奨めです。

また、エステのような所の「骨盤矯正」は、自分の印象なんですが、骨盤の歪みが無いにもかかわらず、大げさに骨盤が歪んでいると患者を不安な気持ちにさせ必要の無い調整を長期にわたってする傾向が強いように思います。

正直信用できない所も多いような気がします。

産後に骨盤矯正は必要?

近頃の「骨盤矯正」の広告を見ていると、産後の「骨盤矯正」は必ずしなければならない言わんばかりの宣伝文句が目につきます。

「骨盤矯正」産後絶対するべきなのでしょうか?その答えは「NO」。

「骨盤矯正」がどうしても必要なくらい身体に影響があるのであれば、「骨盤矯正」が存在しなかった時はどうだったんでしょうか?「骨盤矯正」が存在しなかった時でも問題なく人々は赤ちゃんと産んでいました。

産後の骨盤の多くは、出産前の正常な状態に自然にもどります。

しかし、その中には産後に骨盤がズレてしまう方達がわずかながらいます。

多くの方は、出産後の「骨盤矯正」は必要ではありません。

骨盤矯正が必要な場合は、出産後なんらかの異常を生じた場合です。

産後骨盤のズレが心配であれば、ちゃんと骨盤の検査をしてくれる整体に通うべきです。

正直な整体は、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと言って骨盤矯正をすすめることはありません。

しっかりした「整体」は、歪んでいない「骨盤」をズレていると言って不必要な骨盤矯正を奨めることもありません。

ほとんどの人達は、産後の「骨盤矯正」はしなくてもいいことを知っておきましょう。

営業トークに要注意!

骨盤の歪みをそのままにすると「太りやすくなる」「体形が崩れる」「下半身太りになる」など必要もないのに出産後のの「骨盤矯正」をすすめる治療院は一度考えてからにしてみて下さい。

出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤が歪んだのが原因ですか?これらの要因の多くは骨盤ではなく生活習慣です。

赤ちゃんができて習慣が変ると、太ったりして体形が変化することは特別なことではありません。

しかし産後の「骨盤矯正」を売りにするエステや整体の治療院は、産後の体の変化をすべて骨盤のズレのせいにして、「「骨盤矯正」をすれば体形をもどせます」と広告するのです。

体形の変化の原因が「骨盤」の歪みであれば、骨盤の歪みを治すだけで体形を元にもどすことができるはずですが、骨盤矯正だけで身体が元どうりにもどる方達はごく少数です。

ですので、ダイエットサプリや筋トレやストレッチなどの運動も一緒に処方しようとする治療院がおおく、「骨盤矯正」では体形は元どうりにならないと白状しているのと同じことです。

骨盤矯正に過度の期待をするのは大きな間違いです。

騙そうとする治療院やエステには気を付けましょう。

産後、骨盤、浜松市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です