鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」豕・ 鬪ィ逶、繧呈紛縺医k

骨盤、浜松

こんなに素晴らしい○○に囲まれてる日本人は幸せです!娯楽を越えた至高作品について岡田斗司夫が語ります【岡田斗司夫/切り抜き/アニメ/マンガ/小説/映画/創作物/文化/切り抜き】

【ゆっくり解説】その轟音で鼓膜が破れる 人類の歴史に残る最大の爆発音を記録したクラカタウの噴火

【疑問】記憶はなぜ遺伝しないのか

【高級食パン専門店】なんか消えそう…高級食パンブーム【ゆっくり解説】

【無料】純正より使いやすい!Office互換ソフトのお勧めを5分で解説!俺の選ぶベスト3 Microsoft 365よりコスパ良いぞ!

【ゆっくり解説】ついに始動!!核融合発電を日本が世界に先駆けて実証実験スタート!!画期的に凄い!!【ゆっくり雑学】

骨盤矯正と整体

「骨盤矯正」

昨今では「骨盤矯正」というものを週刊誌やテレビやネットで見ることが増えました。

骨盤矯正とはなんなのかわかっている人達は多くない。

骨盤矯正はどのようなものか解説していきます。

骨盤矯正のことを知って、間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨、それと仙骨(せんこつ)の尖端についている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の施術はおこないません。

なぜかと言うと、病院では「骨盤」は歪まないと思っていて骨盤がふんだんの生活で歪み、それが身体の不調の原因になったりすることはないと思っているからなのです。

(しかし一部の病院では「骨盤」の修正を独自のやり方で行っている整形外科もわずかにある)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な負荷が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレたとき(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫のような状態)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を施術する場合がある。

この場合、手術によって骨盤の治療をおこなうことが多いようです。

また産婦人科では、出産後に骨盤の関節のゆるみを治すように骨盤を締め付けて固定するベルトのようなものを奨める病院が増えてます。

骨盤はズレるのか?

普通の医療で骨盤はズレないと言われ、整体などの民間療法では「骨盤」は歪むと言われていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いが出るのかを解説してしてみたいと思います。

まずは、「整体」でいう「骨盤」がズレると言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像で見て分かるような大きな歪みは扱いません。

一般の医療では?

病院などの医療ではレントゲンなどの画像で見ることのできないくらいのズレは痛みなど身体の不調の要因にはならないと考えています。

その他にも骨盤の可動性はわずかで例外的に出産する時に動く程度。

中年以降は腸骨と仙骨はほぼくっついてしまうため骨盤は普通動きがないと思っています。

整体では?

手技療法で行う「骨盤矯正」は、日頃から骨盤の少しの歪みを調整したのちに痛みが良くなるのを経験しています。

現実に骨盤の仙腸関節の周りには靱帯、神経、筋肉が存在してちょっとの歪みでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激してしまいます。

レントゲンやMRIなどの画像でズレが見られない場合でも骨盤が歪んでいて、その骨盤を矯正する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因

歪んだ骨盤は、さまざまな痛みを体にもたらします。

骨盤がズレると骨盤に乗っている背骨がひずみます。

脊椎がひずむと脊椎の中を通っている神経や、身体を保持する靱帯や筋肉、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても体にとってとても重要なもので、どれが障害されても体に異常が起こります。

骨盤が原因の身体の異常

脊椎がズレると背骨より出る神経の伝達が障害されます。

内臓諸器官の障害や運動器官の異常など身体の色々な部分が神経の命令でコントロールされているので、全ての身体の異常に関わってきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担

歪んだ身体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負荷がかかってくるため慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

体の曲がりによって血管などを圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体による骨盤矯正

手技療法による「整体」の「骨盤矯正」は主に手によってされます。

矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般的には手技でします。

また、コルセットのような骨盤を固定する装具も用いる場合もある。

ふつう修正の痛みをともなわないのが普通のようですが、中には強い力で無理やり調整を、もちいる施術師もいます。

普通の骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動性はすごく狭く大きく動くことは無い。

この少しの動きを施術によって動かすので、通常は強い力を必要とすることはありません。

整体の骨盤矯正の現実

「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉などの柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできない。

「骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことを雑誌、ネット、テレビなどで見ますが、騙されないように。

骨盤にどんなに力をかけても見た目で分かるだけの動きはしません。

こんな宣伝をする「整体」では骨盤の上に乗っかるなど強い力を加えるなどして修正します。

強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人達もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど動いた時は「骨盤」の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を傷めてしまいます。

治療した後変化したと思う人もいるみたいですがプラシーボ効果のようなもので変わったような気になっているだけなんです。

骨盤の関節に損傷がなければ骨盤が見た目で違いが自覚できるほど可動していることはありません。

かりに見た目で変化が分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、関節の筋肉や靱帯は傷めているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の強い痛みが出現しているはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として「骨盤」が、普通異常に動くことがあります。

それは出産する時です。

出産時は、ホルモンによって「骨盤」の関節が緩み「骨盤」が、開くように可動しやすくなったりします。

出産の時には恥骨の間が2㎝ほど広がりますが出産時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はない。

出産の時でも決して大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく動くことはありません。

歯の矯正のように数年にわたって力を加えるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実では無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!

整体で行う「骨盤矯正」は、体形などを変えるものでなく肉体をバランスのとれた理想的な状態に整えることが目的です。

骨盤の仙腸関節は、小さなズレでも痛みなどを発症することもありますし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体を歪ませ健康などに影響を与えます。

骨盤を矯正して体をバランスのとれた理想の状態に保持することで健康を保って凝りや痛みを改善します。

もし「骨盤」が曲がっているとおもったら「骨盤矯正」をしてみるのもいいとおもいます。

骨盤は身体の基礎です。

骨盤が傾けば脊椎が傾きます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療はとっても効果的な助けになります。

浜松市中区、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です